長谷川 駿介

1/5ページ

ユーザーはどのように評価判断しているのか『UXモデルを使った品質管理』

サービスやプロダクトを設計する時、それを優れた品質とするにはどうすれば良いのだろう、何か指針となるようなものはないだろうか、と考える。 品質管理という観点で言えば、古くからISOやJISなどといった規 […]

 

著者:

『スープのある一日』から学ぶ“事業の世界観”を巧みに定義する表現方法

事業を“定義すること”は、顧客に買ってもらうにせよ、社内で企画を通すにせよ、必ず必要となってくる。何をするにせよ、他者に共有するために必ず言葉にしなければならない。 しかし、これが結構難しい。 なぜな […]

 

著者:

【MBA(経営管理修士)からMFA(美術学修士)へ】サイエンスからアートに近づく現代ビジネス

少し古い話になるが、’00年代初頭あたりからアメリカの実業界において、とある人材重用の変化が取り沙汰された。 それは、MBA型人材からMFA型人材への需要の遷移だ。 MBAは『Master of Bu […]

 

著者:

ドラッカーとポーターで読み解く渋沢栄一の『蟹穴主義』と競争優位

渋沢栄一の著書『論語と算盤』の中で『蟹穴主義』という彼の信条について記された箇所がある。 世の中には随分自分の力を過信して非望を起こす人もあるが、あまり進むことばかり知って、分を守ることを知らぬと、と […]

 

著者:

それが無かったことにすら気付いていなかったものを世界に提供する

「それが無かったことにすら気付いていなかったものを世界に提供する」 これはニューヨーク近代美術館の建築・デザイン部門キュレーター、パラオ・アントネッリの言葉だ。 編集者でもあり作家でもある彼女は、ロン […]

 

著者:

【競争戦略のおさらい】差別化要因を決定づける3つの切り口

ビジネスを飛躍、持続させていくためには、競争戦略的思考が必要不可欠だ。 これは自明のことのように思われるが、インサイト、ユーザー体験、イノベーションなど──新たな価値提案や付加価値創造の必要性が声高に […]

 

著者:

ビジネスの難題を解決するために知っておくべき“デザイン思考”の実態

人は必ずイメージをもとに思考している これは古代ギリシャの哲学者アリストテレスの言葉だ。『イメージ』とはつまり『像』のことであり、人はいかなる思考も像を心に思い描きながら行っているのだと言う。 これは […]

 

著者:

日本を瀕死から救うために現代ビジネスリーダーが取り組むべき課題

現在、我が国は“財政破綻”という極めて深刻な危機に瀕している。 国家の“財政破綻”と言えば、今からおよそ10年ほど前、ギリシャのデフォルト(債務不履行)危機が大々的に報じられていたことが記憶に新しいと […]

 

著者:

1 5