長谷川 駿介

1/5ページ

デザイナーの卵に聞かれた質問「学生のうちにやっておいた方がいいことはありますか?」への答え

以前、美術系専門学校でのセミナーイベントにお呼ばれした際、学生の一人からこんな質問をいただいたことがありました。 「学生のうちにやっておいた方がいいことはありますか?」 イベントの内容は、様々な分野の […]

 

著者:

デザイナーを志す君に知っておいて欲しいデザイン史

デザイナーと一口に言っても、その仕事は多岐に渡ります。 グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、ファッションデザイナー、スペースデザイナーect…。昨今は更に細分化が進み、挙げればキリがありませ […]

 

著者:

2021年、締めのご挨拶

当社ブログをご覧の皆様、おはようございます。有限会社ズーム代表の長谷川です。 本年のブログ更新も本日で最後となりますので、例年通り、一年の振り返りとご挨拶で締めさせていただきたいと思います。最後まで、 […]

 

著者:

やる気が行動を促すのではなく、行動がやる気を着火するという科学的事実

『やる気スイッチ』という言葉を、どこかで一度は聞いたことがあると思う。 人によっては日常的に口にしているということもあるかもしれない。SNSを眺めていても広く共通認識のある言葉として使われているように […]

 

著者:

ユーザーの価値評価形成に影響するモチベーション

今の時代、どんなジャンルの製品でも、どんな分野のサービスでも、機能や技術が高いとか、スペックの割りに価格が安いとか、そういった性能本意の価値提案だけでは、なかなか消費者に評価されない。 それは、すでに […]

 

著者:

ユーザーはどのように評価判断しているのか『UXモデルを使った品質管理』

サービスやプロダクトを設計する時、それを優れた品質とするにはどうすれば良いのだろう、何か指針となるようなものはないだろうか、と考える。 品質管理という観点で言えば、古くからISOやJISなどといった規 […]

 

著者:

『スープのある一日』から学ぶ“事業の世界観”を巧みに定義する表現方法

事業を“定義すること”は、顧客に買ってもらうにせよ、社内で企画を通すにせよ、必ず必要となってくる。何をするにせよ、他者に共有するために必ず言葉にしなければならない。 しかし、これが結構難しい。 なぜな […]

 

著者:

【MBA(経営管理修士)からMFA(美術学修士)へ】サイエンスからアートに近づく現代ビジネス

少し古い話になるが、’00年代初頭あたりからアメリカの実業界において、とある人材重用の変化が取り沙汰された。 それは、MBA型人材からMFA型人材への需要の遷移だ。 MBAは『Master of Bu […]

 

著者:

ドラッカーとポーターで読み解く渋沢栄一の『蟹穴主義』と競争優位

渋沢栄一の著書『論語と算盤』の中で『蟹穴主義』という彼の信条について記された箇所がある。 世の中には随分自分の力を過信して非望を起こす人もあるが、あまり進むことばかり知って、分を守ることを知らぬと、と […]

 

著者:

1 5