長谷川 駿介

1/4ページ

即興的会議でグルーブを生むリーダーシップ【下】実践編

私が学生時代に活動していたバンドのメンバーは、私含め決して演奏スキルの高い人材ではなかった。 加えて、音楽に関する専門的な教育を受けていたわけでもなく、楽曲制作について学習していたことと言えば、過去に […]

 

著者:

即興的会議でグルーブを生むリーダーシップ【上】概念編

突然だが、私は学生時代、バンド活動をしていた時期がある。 楽器のパートはエレキギターを担当していたのだが、その他にバンマス-いわゆるバンドのリーダー-として、チームをまとめる役職も担っていた。 最初は […]

 

著者:

“物語がチームのパフォーマンスを最大化させる”ストーリーリーダーシップ

「ストーリー経営」という言葉は通常、ブランディングの意で用いられることが多い。 自社の歴史や経営者本人の経験などを会社のビジョンやコンセプトと文脈的に紐付けることで、他社との違い、いやむしろそれを飛び […]

 

著者:

人は一体なににお金を払っている?ビジネスにシナリオ設計が必要なワケ

私たちは、モノやサービスを購入する際、一体なににお金を払っているだろう。 変な質問を投げかけていることはわかっている。何にお金を払っているのかと問われれば、その機能や品質に対してだと答える他ないだろう […]

 

著者:

スターバックス元CEOハワード・シュルツに学ぶ共感消費時代の顧客創造術

「私たちは空腹を満たす仕事をしているのではない。魂を満たす仕事をしているのだ。」 スターバックス元CEOハワード・シュルツのこの言葉は、現代におけるビジネス成功の鍵を如実に表している。 スターバックス […]

 

著者:

クリエイティブに仕事をするために最も必要なことが「勇気」である理由

クリエイティビティに深く精通するhummelのCEOクリスチャン・ステーディルは、クリエイティブな仕事の探求を紹介する自著の中で「クリエイティブになる勇気を持とう」と盛んに訴えている。 では、「クリエ […]

 

著者:

クリエイティビティと制約の関係【下】「自由な発想は制約がなければ発揮されない」

現代の人々にとっての“制約”という言葉は、過剰に悪い印象で捉えられているきらいを感じる。 グローバルやジェンダーレスなどといった言葉に代表されるように、国家や性別といった枠組みすら忌避され、とてもセン […]

 

著者:

1 4