デザイン思考

ビジネスの難題を解決するために知っておくべき“デザイン思考”の実態

人は必ずイメージをもとに思考している これは古代ギリシャの哲学者アリストテレスの言葉だ。『イメージ』とはつまり『像』のことであり、人はいかなる思考も像を心に思い描きながら行っているのだと言う。 これは […]

 

著者:

人は一体なににお金を払っている?ビジネスにシナリオ設計が必要なワケ

私たちは、モノやサービスを購入する際、一体なににお金を払っているだろう。 変な質問を投げかけていることはわかっている。何にお金を払っているのかと問われれば、その機能や品質に対してだと答える他ないだろう […]

 

著者:

2020.10.15“現代マーケティング論”についての講演を行いました

先週、10月15日木曜日。 経営者ないし経営に近しい方、個人で事業をされている方向けに講演を行いました。 テーマは、時代とともに変わり行くマーケティング論の今現在の姿、そしてその活用方法について。 現 […]

 

著者:

クリエイティビティと制約の関係【下】「自由な発想は制約がなければ発揮されない」

現代の人々にとっての“制約”という言葉は、過剰に悪い印象で捉えられているきらいを感じる。 グローバルやジェンダーレスなどといった言葉に代表されるように、国家や性別といった枠組みすら忌避され、とてもセン […]

 

著者:

クリエイティビティと制約の関係【上】「クリエイティビティは特権的で非凡な才能ではない」

クリエイティビティが地球上に初めて登場したのは、今からおよそ7万年前、我らが祖先ホモ・サピエンスの発明に依る。 彼らはある時から、“虚構を創造する”という認知を得た。 フィクション、実際には無いもの、 […]

 

著者:

“デザイン思考・デザイン経営”が浸透しない最大のハードルは「デザイン」という言葉の誤解

「デザイン思考」「デザイン経営」 これは近年、世界を舞台に活躍する多くのグローバル企業の間で半ば常識と化した経営思想、ビジネスモデル設計における思考法である。 2018年5月、経産省と特許庁の共同で「 […]

 

著者:

世界のビジネスリーダーたちはなぜ“日本庭園”に引き寄せられ“茶の湯”を学ぶのか

数年前、古物商を営む友人の買付けの同行で中欧に赴いた際、余暇でシェーンブルン宮殿に立ち寄ったことがある。 シェーンブルン宮殿は、オーストリアの首都ウィーンにあるハプスブルグ家の離宮。美しいバロック建築 […]

 

著者:

経営資源としてのデザイナー重用の潮流

最近、同業の中堅以上のキャリアを持つ人と話していると、「デザイナーという肩書きを名乗りたくない」という人がチラホラ現れてきている。 この感情の源泉を有り体に言えば、「デザイナーと名乗ると軽く見られる」 […]

 

著者: