有限会社ズーム

ズームについて

ごあいさつ

有限会社ズームは、デザインを生業とする会社です。
手前味噌ではありますが、これまでに担当させていただいた数多くのデザイン制作で、クオリティに高くご反響いただき、その評価はリピート率88.2%という驚異的な数字にも現れています。

しかし時代は、デザイナーに求める役割を大幅に拡張しています。従来の『訴求ポイントを魅力的に表現する』技術提供だけでは、役目を果たせなくなってきているのです。

現代のビジネスの価値提案は、複雑で難解さを増す方向へと進んでいます。さらに、その進行スピードは恐ろしいほど速く、時にはユーザーのみならず提供者側ですら、正確な理解を共有しきれない状況に陥ることも珍しくありません。
そんな状況において、デザイン本来の役割『複雑なモノゴトを記号化してわかり易く表現する』能力が、多様な場面で有用な問題解決能力として期待され活用されています。その潮流はアメリカから始まり、日本では大きく出遅れること2018年に『デザイン経営宣言』として経産省・特許庁合同の報告書が発布されました。

デザイナーの業務は、コレクト(情報を集め)セレクト(分析・分類し)ディレクト(整理・再構成する)の3つに集約されます。デザイナーはこのプロセスの中で、新しい捉え方を発見し、見せ方を検討し、使い方や伝え方を実現していきます。これは、思考の限界を拡張し、新しい認知を開き、未知の選択肢を探索する、過酷なプロセスです。遂行には、極めて専門的な訓練と経験、加えて根気と忍耐を要します。しかしだからこそ、それを走り切ることのできるデザイナーの能力は、現代社会にとって重要な役割があるのです。

ズームでは、我々の能力をもっと柔軟な枠組みで活用してもらいたいと考え、価値提案を『デザインの制作』から『デザインプロセスの提供』へと大きく拡張しました。その結果、デザイン制作やウェブ開発に加え、今ではコンテンツ企画やブランディング・広告戦略設計と、ご相談いただける内容は実に多様化しています。今後はより根本の、サービスの価値設計にもお役立て頂きたいと、知見を蓄えたりもしています。

デザインのプロセス、デザイナーの思考モデルは、ビジネスのあらゆる場面で活用できます。もっと種々様々な段階に取り入れることで、数多くの問題を解決できます。我々ズームは、その確信を携えて、もっと多くの皆様の躍進に深く関わっていけるよう、邁進して参ります。

会社概要

会社名
有限会社ズーム
住所
〒150-0011
東京都渋谷区東1-13-4 MATビル301
電話番号
03-3409-5156
創業
1977年4月13日
資本金
500万円
役員
代表取締役|長谷川 駿介
取締役|三井 拓
監査役|酒井 信一
業務内容
デザインの企画・制作業務、
ウェブサイト開発業務、
コンテンツ企画及び記事制作業務、
マーケティング戦略アドバイザリ業務、
デザインコンサルティング業務、
ブランディング業務
取引実績
株式会社ベネッセスタイルケア、
株式会社マイナビ、
日本たばこ産業株式会社、
ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社、
株式会社ジークレスト、
株式会社エネット、
株式会社サウンズグッドカンパニー、
スフィーダ株式会社、
株式会社Offisis、
テクノロジーシードインキュベーション株式会社、
株式会社コネクティラボ、
LEADOFFice、
有限会社加賀田節子事務所 他
取引銀行
みずほ銀行 渋谷支店
顧問事務所
鷲巣税理士事務所
LEADOFFice株式会社

著者プロフィール

長谷川駿介
有限会社ズーム 代表取締役社長
長谷川駿介
1986年東京生まれ。桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン専攻を中退。在学中よりフリーランスで活動し、これまでに一部上場企業から中小企業、個人事業に至るまで幅広い企業のデザイン制作を100社以上担当。
2017年、有限会社ズームに取締役として入社。2019年には、ウェブ制作として携わった「パターン・ランゲージ-その子の宇宙が広がり続けるためのことば-(株式会社ベネッセスタイルケア)」にてグッドデザイン賞を受賞。同年、代表取締役に就任。
デザイナーとしてのクリエイティブな発想力とマーケティング視点のロジカルな洞察力を評価され、現在は新規プロジェクトの広告戦略やスタートアップ企業のブランディング戦略なども担っている。